超基本的なディスプレイ広告の解説

この記事の所要時間: 3 分

今回はディスプレイ広告についてサクッと基本事項を解説します

「ディスプレイ広告って聞いたことはある!」という人におすすめな内容です

ディスプレイ広告とは

  • 他社サイトに広告を出し、サイト訪問を促す
  • 画像やテキスト、動画の形式で配信される(バナー広告)

ディスプレイ広告の特徴

  • バナー画像でビジュアルで商材を訴求できる
  • リスティング広告などと違い、具体的なニーズが思い浮かんでいないユーザーにも広告を届けられる
  • 衝動買いで購入してしまうような商材と相性がよい
  • リマーケティング広告ができる

リマーケティング広告とは

例えば、Amazonで見ていた広告が他のサイトの広告に表示されていたことはありませんか?

それこそがリマーケティング広告です

ユーザーとの接触頻度を高ることができるため、購入の検討に時間を要する商材にも有効になってきます

ディスプレイ広告のメリット

  • 幅広いユーザーにリーチできる
  • 広告費用が比較的安価(広告を出稿するメディアにもよる)

ディスプレイ広告のデメリット

  • CVの確率が低い

ディスプレイ広告の種類

  • アドネットワーク(GDN、YDN)
  • YouTube広告

アドネットワーク(GDN、YDN)について

アドネットワークとは、複数のWebサイト広告枠を束ねる存在です

有名なアドネットワークは以下の2つ

  • Googleディスプレイネットワーク(GDN)
  • Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)

これら2つの違いは配信先です

  • Googleディスプレイネットワーク(GDN)の配信先
    • 食べログ、価格.com、gooなど
    • Googleアドセンスへの登録サイト
    • 合計200万以上のサイト
  • Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)の配信先
    • ニコニコ動画、クックパッド、アメブロなど
    • Yahoo!ニュースなどYahoo!の各種サービス

アドネットワークの広告ターゲティング機能について

コンテンツターゲティング:広告が配信されるサイトをターゲティングする

オーディエンスターゲティング:ユーザーの属性によって広告を配信する

YouTube広告について

YouTube広告の特徴

  • Google広告を通して配信可能で、動画でユーザーにアプローチできる
  • インストリーム広告
    • 自動再生され、5秒経過後にスキップ可能な広告
  • バンパー広告
    • 自動再生され、6秒固定でスキップすることができない広告
超基本的なディスプレイ広告の解説
TwitterでEC・Web関連のTipsを発信しています