独学で動画編集を勉強する5つの手順

こんにちは。

今回は私が独学で動画編集を学び、副業としてやっていけるようになるまで

どのような学習を行っていたかをお話ししたいと思います。

何一つ特別なことはしていないので、再現性はかなり高いと思います!

大前提として

勉強時間は週10時間以上確保しましょう。

正直10時間でも少ないですが、一応最低ラインとしておきます。

学習の流れ

5つの手順

  1. 教材で基礎(ソフトの使い方)をサラッと学ぶ
  2. モデルとなる動画を決める
  3. 自分でググりながら再現してみる
  4. なんか超絶ダサいことに気づく
  5. モデルと自分の動画の違いを言語化する(添削を受ける)

1.教材で基礎をサラッと学ぶ

おすすめ教材

教材に関しては正直なんでもいいと思います。

無料のものでもYouTubeにたくさんありますし、少し前にかふたろうさんがアップしてくださっている動画なんかはかなりオススメだと思います!

有料のものだとUdemyやMovieHacksなどたくさんあると思います。

私は以下のUdemyで基礎的なソフトの使い方を学びました。

https://www.udemy.com/share/101Wg8/

講師の方の説明も非常に丁寧で、内容も基礎的な部分は網羅できていると思います!

セールの時は2000円程度で購入できるので、迷わずポチるのがお勧めです。

教材の使い方

当たり前ですが、教材は実際に手を動かしながら取り組みましょう!

見るだけはだめです。

ただし、1周終えたら復習はせずに次に進みます。

2.モデルとなる動画を決める

この段階では、とにかく自分が好きな動画を選びましょう。(難しすぎる動画や、素材勝負じゃん!って動画は避けましょう)

僕の場合はエンタメ系、いわゆるYouTuberっぽい動画をモデルとしました。

具体的には水溜まりボンドやフワちゃんなどの動画で、「こんな場面で白黒にしたら面白いのか」「ツッコミの時は少しアップにした方が面白いな」「テロップを動かしたいな」といった感じで編集をマネするようにしました。

3.自分でググりながら再現してみる

ここで重要なのは、ググることです。

ここで、いかに検索すること自体のスキルを高めるかが、今後の自走力のカギになります。

調べる前に質問していては、自分で問題に対して仮説を立てて解決に導く能力が養われません。

ただ、ここで誤解してほしくないことは、質問するなとは言っていないということです。

質問する前に、考えて調べることが重要なだけなので

教材やコミュニティを通して質問できる環境があるのなら、調べてもわからないことは積極的に質問しましょう!

1時間以上悩んでいたことも、5分で解決できることなんてよくあります(笑)

「誰も質問できる人が周りにいないけどどうしたらいいの?」という方は、私に気軽に質問してください^^

4.なんか超絶ダサいことに気づく

これは誰しもが通る道だと思います。

「よし!いい感じに出来上がったぞ!」と思って、改めて冷静に自分の動画をみてみると、超絶ダサいことありませんか?

最初のうちは仕方ないと思います。ダサいことに気づけただけでもOKです!

ダサいということは伸びしろがあるということなので、前向きにとらえましょう!

そして大事なのは次のステップです。

5.モデルと自分の動画の違いを言語化する(添削を受ける)

ここが重要です。

なぜ自分の動画はダサいのか、モデルと徹底的に比較して原因を言語化しましょう。

テロップの色やフォント、位置が違うのか。

カットのタイミングなのか。

BGMや効果音のチョイス、ボリュームなのか。

徹底的に違和感の正体を具体化しましょう。

この時に、第三者の視点で添削をしてもらうと、より改善点が明確になります。

編集チームのメンバーや家族でもいいので、誰かに客観的に評価してもらいましょう!

「だから、周りに頼れる人がいないって。。」という方は、私にご相談ください!

可能な範囲で私なりの意見をお伝えしますので!!

まとめ

独学で動画編集を勉強する手順をまとめると、以下になります。

マネしたいものを決めて、調べながらなんとか実現させる。そして本物と違う部分を明確にして改善を行う。

これをひたすら繰り返すのみです!

最後に

スキルアップのためには、日々学習を継続してコツコツと積み上げていくしかないと思います。

正攻法ほど泥臭いものだと思うので、簡単そうな方法ばかり見つけようとせず、1つ1つ積み上げていきましょう。

周りと比べると焦ることもあるかもしれませんが、比べるべきは過去の自分だと思います。

昨日と比べたら、先週と比べたら、動画編集を始めたてのころと比べたら何かしら進歩はしているはずです。

つまり、やっていくしかないということです。

動画編集をやってみたいと思っている方や、始めたばかりという方は、ぜひ私と一緒に楽しんでいきましょう!!

他にもこんな記事があります